脂肪吸引を利用してダイエットをする人は多く存在する

肌の大敵の効果的対処法

微笑むウーマン

様々な種類があります

歳を重ねるとともに、顔のしわが深くなって気になってくるといったことはないでしょうか。実はしわにも様々な種類があり、その種類ごとに適切な対策をとることが重要となります。まず、20代の方にも多くみられる、目や口の周りにできるしわは「小じわ」と呼ばれ、主に乾燥肌が原因となって起こるものです。また、縮れたようなしわは「ちりめんじわ」と呼ばれ、顔に関わらず、全身に出来るのが特徴です。肌荒れや湿疹、脱水症状や過度のダイエット後によく見られ、このように何らかの体内異常が原因とされています。このように一口にしわ、と言っても、その種類は様々あり、また、しわは放置してしまうとどんどん深くなってしまうので、見つけた時になるべく早く対策を取っておくことが大切です。

それぞれの対処法

では、それぞれの種類のしわは、どのような対策を取ればば良いのでしょうか。まず、小じわに関しては、保湿で効果的な対策であると言われています。小じわの原因は乾燥肌であるので、角質層を保湿してやることで潤いを取り戻し、しわを無くすことが可能です。具体的には、手の指で気になるしわ部分を伸ばし、そこに保湿化粧水などのケア用品をたっぷり塗り、塗ったあとはパックをして成分を逃がさないようにします。このようにしっかりとした保湿を行うことで、小じわは消えていきます。ちりめんじわに関しては、体内の異常が原因ですので、疾患をきちんと治療し、また生活習慣を正すことで、健康な体を取り戻すとともにしわの改善にもつながります。また、美容クリニックや皮膚科で治療することもできます。