専業主婦でもカードローンが組める

専業主婦は収入がないからカードローンが組めないと考えている人は多くいます。しかし、最近では専業主婦でもカードローンで借入を行うことができます。それは、銀行などが発行しているカードローンになります。その条件として、配偶者に安定した収入がある場合ということが挙げられます。

カードローンをお申込みするときの流れ

お客様フォームで入力する

インターネットなどを利用して、金融機関のお申込みフォームに自分の情報を記載して、金融機関へ送信する必要があります。この際に書き間違いなどがあると、審査を受けることが出来ない可能性がありますので、注意しましょう。

入力した情報で審査がスタート

入力した情報からローンの審査が始まります。この時に数十分で審査が完了する企業もあれば、数日の時間がかかってしまう金融機関もあるので、急いでいる場合などは審査の前に質問してみるのもいいかもしれません。

勤務先への確認や本人確認

記載されている勤務先への確認や本人確認のために、金融機関から電話がかかってきます。その際には、勤務先には金融機関名を名乗るのではなく、知人や身内を装おって連絡をしてもらえるため、金融機関からの連絡とは気付かれにくいといわれています。

必要書類を提出して利用開始

本人確認の際に免許証のコピーなど、必要書類を金融機関へ郵送する必要があります。また、最近ではスマートフォンなどで、免許証などの項目が記載されている部分を写真に撮ってアップロードすることで、送付することができます。これで審査が完了すれば、金融機関からカードが発行されます。

消費者金融と闇金の違いを知ることで安心して融資をお願いできる

主婦

誤解されがちな消費者金融とは

金融機関で調べてみると「サラ金」や「闇金」などの言葉を見たことがある人も多くいると思います。全ての消費者金融がこの呼び名で呼ばれる事はありません。消費者金融とは、「法律にしたがってお金を貸す」業者を指しています。そのため、高額の融資を行わない限り高額の利息や金利がつくことはありません。しかし、闇金は違います。闇金は法律を無視して、トイチなどでお金を貸す違法業者を指します。

闇金からお金を借りてはいけないといわれる理由

法律を無視した闇金業者は、様々な方法での取り立てを行ってくる事があります。通常では、最大年利が18パーセントを超えてはいけないとされていますが、闇金では年利が18パーセントを余裕で超える場合がほとんどです。また、取り立ての方法も本人だけでなく、家族や同僚などにも被害が出てしまう可能性があります。そのため、闇金などからお金は借りてはいけないといわれています。

カードローンでは借り換えを目的としている人もいる

専業主婦が安い金額を借り入れすることもできる金融機関ですが、複数の金融機関があるため、金利などの問題が出てきます。今使用しているカードローンよりも、別の金融機関の方が金利が安いと感じた時に、借り入れする機関を変更する事を「借り換え」といいます。借り換えは、利息の少ない機関を選ぶことができ、経済的にも優しくなりますが、再度審査を受ける必要があります。

借り換えと似ているのがおまとめローン

借り換えはあくまでも利用する金融機関を変更する事です。それと似て非なるものが「おまとめローン」と呼ばれるものです。複数の金融機関から融資をしてもらうと、その機関ごとで金利も利息も大きく違ってきます。そのため、これを1つにまとめるのが「おまとめローン」です。1つの機関から残りの機関の残高を借入し、返済を行う方法となります。

[PR]
消費者金融の利用を検討している
役立つ情報が満載☆

カードローンを利用する際の借り換えとおまとめローンを比較

より安い金利や利息の機関を利用する借り換え

融資を受ける際に必ずかかるのが利息になります。この利息は企業によって、金利のパーセンテージが決まっているため、同じ金額を借りても、返済金額が異なる場合があります。そのため、より安い機関で借入をすることを借り換えといいます。

複数の融資を1つにまとめるおまとめローン

複数の金融機関から融資を行ってもらうと、それぞれで異なる利息で支払いをしなくてはなりません。そのため、経済的にも大きな負担がかかってしまいますが、1つの金融機関から融資をお願いして、残りの機関の返済を行うことで、返済機関を1つにする方法です。

[PR]
フラット35なら金利がお得
返済期間を短くできる

[PR]
事業者ローン基礎情報!
選ばれる理由をチェック♪

[PR]
専業主婦でもカードローンが利用できる!
契約条件を事前にcheck☆